2008年12月25日

ミクとクリスマス

『ねーキョー君、そろそろクリスマスだよ?』
「そうだな。それがどうかしたか?」
『……』
 何を思ったのか突然そんなことを言いだしたと思ったら、じーっとこちらを見ている。
「曲作れって?」
『あ、えーと、うん。それはそーなんだけど。キョー君のクリスマス中止?』
「流行りに乗って失礼なこと言うなこのお子様」
 むぎゅーっとほっぺたを引っ張ってやる。が、さすがに慣れてきたのかあんまり表情が変わらない。
『だってキョー君、冬休みに入ってから外出たの2、3回だけじゃん。それもコンビニとかスーパーだったでしょ?』
 ほっぺた引っ張られた面白い顔のまま反論してくる。確かにそれは事実で、先週末から食べ物や日用品の買い物以外はずっと部屋にこもりっきりだ。
「メシ食えないのは困るだろう。洗剤も切れてたし」
『だよね。キョー君とこじゃサンタさんも来ないし』
「そりゃまぁそうだな。別に失業されても困らないな」
 実際、来られても困る歳ではある。一人暮らしだし、うっかり変質者と間違えそうだ。
「お前んとこには来るわけないしなぁ」
『ミクももう子供じゃないからねー』
「いや、いい子のとこにしか来ないんだろ?」
『ミクいい子だよっ!』
「ほーう?そうかなぁ。いい子は人のカードでこっそり買い物したりしないと思うんだけどなぁ……」
 わざとらしく言ってやると、ミクはぴたりと静止した。見事なストップモーションだ。
『ば……バレた?』
「お前俺のアカウント使ってバレねーとでも思ったか。ちゃんと注文キャンセルしといたから」
『えー?』
「えーじゃねえ。遠慮なしに注文しやがって、破産させる気か」
 そうなのだ。ちょっと前にパソコンを使っている時にちょっと出ていて、帰ってきたときにはブラウザが落としてあった。それはいいんだが、履歴が丸ごと消されていたので怪しいと思って調べてみたら、ソフト音源やシーケンサを山のように注文していたのだ。総額が7桁に到達しかかっていて、卒倒しそうになった。
『うー。キョー君のクリスマスなんて永遠に中止しちゃえばいいんだー!』
 子供みたいな捨て台詞を吐いてベッドにころんと転がった。
「あ、俺イブは家にいるけど25日は出かけるから」
 その背中にそう言うと、ミクはぱっと跳ね起きた。
『え!?中止じゃないの!?』
「勝手に中止すんな。向こうがイブはバイト抜けられねぇって言うんだよ」
 大きな目がまん丸になって、これでもかというくらいに驚きを表現していた。あとまた動きが止まっている。
「あとこれからちょっと買い物行ってくるな。1時間くらいで帰ってくるから」
『う、うん。行ってらっしゃい』
 素直に、というより呆然と送り出してくれた。わからんでもないけど、そんなに意外か。

 撤去されることなく、昼間っからイルミネーションで彩られた街を回っていくつか買い物を済ませる。25日に会うのは別に彼女でもなんでもないし、さらに言えば1人じゃないんだが、ミクの反応が面白かったからそのままにしておこう。
 最後に楽器屋に寄って、隅っこの方の棚とにらめっこする。10分ほど悩んで、棚から CD を1枚取ると、レジに持っていった。別にミクにあげるわけじゃないし、ミクが喜ぶかどうかはわからないが、大量に注文された音源のうち1つくらいはうちにあってもいいだろう。
 そろそろクリスマスだしな。

posted by alohz at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | [短編]ミクと俺と音楽と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。