2005年02月26日

夜明け前の兵士

夜明けは近かった。
今はまだ、自分が今いる甲板の端がなんとかわかるぐらいだ。
かち、かち、と腕に巻いてある時計が秒を刻む。
一晩中、それを聞いていた。
愛機にもたれて、座り込んだままで。

ラジオから聞こえてきたのは、母国語で語られたかの国への攻撃宣言。
王に投降を求めるそれは、同国人の僕が聞いても、宣戦以外の何者でもなかった。
反対派の僚友はため息をつき、そのまま2人とも何も言わなかった。
普段は明るい奴なだけに、その思いがどれほど深いものか、想像も付かない。
彼は、祖国を愛している。
僕も、祖国を愛している。
今、祖国は他国に銃口を向け、その王を脅かしている。
毎日のように伝えられてくる大量の情報から、知っていた事だ。
しかし、この夜明けと共に爆弾を抱えた僕が飛び立つのであろう事を、僕は初めて実感した。
ぞくり、と背筋が冷えた。
思わず呟いた神の名は、波間に漂い見えなくなった。

かの国の王が悪い、と我々の国は言う。
それが本当なのかそうではないのか、バスケ一直線だった僕にはわからない。
同じ船に乗る僚友達も、侵略をすべきかどうかでまっぷたつに割れている。
どちらが正しいのかは、僕だけじゃなくきっと誰も知らず、ただ自分が正しいと信じているだけだ。
ただ、こうやって夜明けを待っている僕の国に、かの国の兵士達が爆弾を投げ込むかもしれない。
それは、王が悪いせいなのか、僕らが悪いせいなのか。
わからない。
ただ、これだけは言える。
民は、一般市民は、悪い事はしていない。

投げ出していた左足のつま先が青白く染まった。
腕にもたれかかっていた頬をはがし、目を上げた。
夜が、明ける。
『今日』が始まる。
青空の下に、嵐が来るのだ。
僕は固まりしびれきった足で立ち上がり、船室に行った。
口にした水は、僕の手が赤く染まるかも知れない事など知らないかのように、いつも通りぬるかった。

連作:「夜明け前の兵士

posted by alohz at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | [短編]日常の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。